スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ゴルフ旅行 四日目 小樽カントリー倶楽部(3)

小樽カントリー倶楽部の2番ホール

この2番の広いグリーン上から何回も辺りを見回す。

一日中でもこのグリーン上で遊んでいたい気分になる。



うす暗い林をくぐり抜けて3番ティーグラウンドへ・・・


3番(388y)ミドル、

前方を見るとストレートに広々と!

両サイドのクロスバンカーを避け、

ストレートボールの豪快なドライバーショットを!と

飛ばし屋のタモちゃん、ハラちゃん達は意欲満々!


力むと碌なことがないのはスワッチだけではないな~・・・

右から左へと球を探すのはスワッチではなかった

尺取り虫になりきったスワッチはセンターへの一打

でも、あかん!

二打で好調のP-tune FWに渾身の力を込めた・・・・

腰が開き、打った先が右の林の中・・・・


ゴソゴソ探していると、

ハラちゃんの黄色い球が後ろから飛んで来た。


まず、ハラちゃんの球の位置を確認!

すると、ハラちゃんが来て

「スーさんの球はまだ前よ」と

お互いに人の球だけはよく分かってんだよな~


このリカバリーショットは運良くグリーン上に・・・

3オンの2パットのボギー・・・


image13.jpg


次の4番(135y)ショート、

高い弾道で旗竿をデッドに狙う。

グリーン手前が池に向かって傾斜しているので

手前から攻めると危険!


距離が短いからといって易しいという訳でもないよな~・・・


グリーン前の池の説明をキャディーさんから聞くも

よく理解出来ない。

結局、池は左端より右端の方が奥に入り込んで

右端グリーンは距離があるよ、ということと理解したが・・・

何故かオナーのスワッチ

癖が付いたかティー打ちショットで球を打てず

ガッン!と音がしてティーが飛び・・・球は飛ばず

球はどこに?行ったのか…?

キャディーさんが注意した池ギリギリに「ポチャリ!」


せめて球くらいは探そう、

と思いきや池は藻でまったく底が見えず。

ガクン!と落ち込みダボ沈で・・・・

底が見えないまま、5番ミドルホールへと・・・



image14.jpg


Hole5 Par4 405y

難易度ナンバーワンの左ドッグレッグのホール。

「ボギーオンでワンパット」路線のスワッチには

2オンは無理だから旗竿の位置よりも

ピンに寄せることが第一。

だからといって全ホールが簡単になる訳でもない。

難易度の高いホールはあちらこちらに落とし穴がかけてある。

見事に穴に落ち込み4オンの2パットのダボ沈で!


この沈没のままではスワッチが廃る!

心機一転!

6番 492y Par5 のロング

ロングヒッターだったら2オンも可能だが

尺取り虫のスワッチはP-tuneの3Wから5Wへの連係プレー

このP-tune5Wの働きは確かでパーオン!

これじゃー、スワッチ愛用のパターの

「IST-ONE(イスト・ワン)」が黙っているはずもない。

お見事!

愛用イスト・ワンは期待に応えて

「1パット」でバーディー・ゲット!


勢いに乗って次のショートへ

前に池のないショートだ・・・

ショートのティーショットはティーだけ打っていたが

もしや、池のプレッシャーだったのか?

キャディーさんから貰った

「黒糖入り塩あめ」をしゃぶりながら・・・

ギリギリのカラーに乗り寄せて1パットでパー!

image15.jpg

8番 358y Par4 (画像のPar5は誤り) ミドル

ティーグランドから見える正面の樹の右が正解だが

樹の後ろに飛んだスワッチの球

二打が樹に当たり真下に落下

ここからは右の池を避けピンは狙いやすいが・・・

コンセントレーション発揮!

見事にターフが飛んだか!はたまたダフリか?

見事に切れた球跡・・・!

しばらく見とれる?あきれる?

やっぱー・・・4オン・・・

ダボ沈・・・


スワッチよ!

顔を上げよ!

北海道の空は広いぞ!

木立と青い空がどこか周南とは違う。。。

やはり北海道なのだ!

9番、最終ホールとなった。

No.9 502y Par5

正面が開けきったフェアウエー、

胸一杯に空気を吸い込む。

小樽カントリーでの最後のプレー!

今までのプレーの余韻が心に染み込んでいく。

ただひたすらにショットしたはずだ!

なにも覚えていない!

ただ最後の1パットでパーだという局面

これもただ、ひたすら「入れるぞ!」と。

コロコロ・・・「コロリン!」

最終ホール、パーで終了!

奇しくも?全員パーじゃったのだ。

めでたし!めでたし!

IN 45(19) 、 OUT 43(14)

TOTAL 88 (33)

何とロッカーキーの777に続き

88・33のゾロ目も後思えば楽しき想い出に。



image16.jpg

スルーで回ったので昼食はまだだ。

何時だったろうかな~?

三時過ぎだったかも・・・

汗を流したかったが若い衆の意見でレストランへ・・・

サン・クロレラ・クラシックの優勝カップを見ながら二階へ

やっぱりビールじゃ! 生じゃ!

道産のホタテにアスパラのバター炒め!

若い衆は丼もの、飯もの?

スワッチはビールが最高!





image17.jpg

おーっと!

これだけで済む訳はないスワッチは

自家製タラの新漬け?

ほんじゃー、冷酒じゃん!

北海・男山!

一本ジャー足らん!まとめて持って来てくれ!

朝にのみ、昼にのみ、夜にのみ、まだ飲んで

「飲んじょらん時がないんだよね~」

とは、タモッちゃんの呟き・・・

この小樽カントリー倶楽部のコースは最高だったです。

スワッチが今まで経験した中で最高のコースでした。

また、元気なうちにもう一度来たいものだと思うことしきりでした。

image18 19_3

ホテルに戻り一休みして

少し時間がある?

自然と足はどこに・・・?

そーです!

忘れちゃーあかんです!

地ビールに、ルイベです!

それからまたまた

北海道の寿司喰いに・・・

これもハラちゃん行きつけの

北九州の寿司屋から予約した「すし処 さっぽろ」

タモッちゃんの家族とも合流して和気あいあいと

楽しい楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

タモッちゃん、ハラちゃん、 ありがとう。

年齢差をこえてのお付き合い、感謝です。

まー、言うなれば介護者として同伴して頂いたと思えば

大変ご迷惑をおかけしたなとも思うことしきりなのでした。

何れにしても元気で楽しいプレーが出来たことには

お二人のお蔭さまでした。


いよいよ明日は帰国?いや帰宅なのですね。

おやすみなさい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。